特徴と契約前の確認

フランチャイズで独立

独立起業して、自分で会社や店舗を経営したいと考える人がいます。独立するメリットは、給料制とは異なり、頑張った分だけ収入が増えるということがあります。また、自分の考え通りに仕事をしていくことができます。その一方で、大変な部分もあります。商売が軌道に乗るまでしばらく収入が無かったり、売上を伸ばす方法が思いつかないといったことなどがあります。 フランチャイズで独立起業をすると、このような問題を解決することが可能です。フランチャイズは、店舗などを造る所から支援をしてもらうことができます。必要な資材や商品の仕入れ方法や、経営をする時の方法など、きめ細かく教えてもらうことができます。すでに成功している方法を教えてもらえるため、独立してから早い時期に収益を得られるのが魅力です。

ロイヤルティにも注目する

フランチャイズは、さまざま知識や技術を教えてもらい、ブランド名などの使用を許してもらうかわりに、本部に対してロイヤルティ(一定の料金)を支払う仕組みになっています。 ロイヤルティの計算方法や相場は業種などによっても異なりますが、大きく分けると、粗利の一定割合を払うタイプ、売り上げの一定割合を払うタイプ、決まった金額を払うタイプの3つになります。割合もさまざまで、5%のものもあれば、50%を支払う必要があるフランチャイズなどもあります。そして、ロイヤルティを支払った後の分が加盟店の儲けになります。 フランチャイズ契約をして独立しようと考えている時には、業種などと共に、このロイヤルティにも注目して検討する必要があります。