夢の独立はフランチャイズでも実現可能|メリットの有効活用

人差し指を立てる

独立の前に知る

独立する方法について

ビジネスパーソンであれば誰しも一度は独立して働くことを考えるものです。しかしながら、多くの人にとって独立は非常にハードルが高いものです。今回は、どうすれば独立の成功率を高めることができるのかということを考えています。まずは、フランチャイズとして独立する方法があります。フランチャイズとは、フランチャイジーと呼ばれる親会社からのれんや商品、または流通網等を借りる制度のことを指します。例えば、英会話教室の看板を借りて同じ名前の教室を開くことが可能です。ユーザーにとってはなじみのある名前の教室なので信頼感が生まれます。運営者としては、知られている名前で営業をすることができるので初期の営業活動のコストを下げることが可能になります。

イニシャルコストについて

フランチャイズの店を出すためにはイニシャルコストがかかります。イニシャルコストは初期費用のことで、フランチャイジーとの契約にかかるお金です。通常、ゼロから独立をする場合にはビジネスを始めるにあたって必要となるすべてのものにお金がかかります。また、仕入れをするだけでなく、流通網を確保しなければなりません。この点において、フランチャイズはとても有利になります。なぜならば、既に使われている流通網を借りることができるからです。したがって、ゼロから独立して始めるよりも簡単に仕入れ等を行うことができます。先ほど述べたように、知られている名前でお店を始められるばかりか、営業体制を整えるための道筋も親会社が立ててくれます。