夢の独立はフランチャイズでも実現可能|メリットの有効活用

人差し指を立てる

種類とその加盟金

独立に必要な資金

フランチャイズは事業者が他の事業者と契約を結び、サービスや商標など権利を与えるビジネスです。その見返りとして加盟金や売上の何%かを支払うスタイルとなります。 近年は様々なフランチャイズビジネスが登場しており、フランチャイズに加盟して独立するスタイルも人気となっています。 一人や夫婦だけで独立できる種類も多く、予算から探す事も可能です。パソコン一台で独立できる100万円以下のフランチャイズビジネスもあり、店舗を借りたり、アルバイトを雇わず、一人で活動できます。 また、フランチャイズビジネスで人気のあるコンビニは店舗にもよりますが200〜500万円が目安です。長期で安定したビジネスで独立をするなら知名度のあるコンビニが良いといえます。

フランチャイズの種類

フランチャイズビジネスが登場した当時はコンビニや大手飲食店が一般的でしたが、近年は種類が増えています。サラリーマンが今までのスキルや経験を活かして独立する事も、また、全く新しい分野での独立も目指せます。 フランチャイズビジネスが登場する以前は、独立のためにまとまった資金が必要でしたが、フランチャイズに加盟すると小額資金で独立が可能になるわけです。 定年退職した中高年の方にも、主婦や女性にも始めやすいビジネスが登場しており、得意分野からビジネスを選ぶ事が出来ます。 また、店舗探しは本部が代行している、経営戦略も本部のマニュアル通りに従い独立できるので、未経験者が研修に参加して短期間で開業する事も可能です。